kara
観察・レポート : キタの部屋(K)総合目次 : キタの部屋(1)

kara
タシロラン ラン科
kara背高タシロ
2016.07.30 登録  

 タシロランは、伐採した幹を積み込んだところや常緑樹の林床の落葉層の厚いところでよく観察されます。私が、日常歩く範囲でも6月中旬以降7月初めにかけて、見かけることが増えています。高さは、大抵20cmから30cmですが、右のように60cmにも伸びた個体も観察しました。
 葉緑素を持たない、白い花が、茎からぶら下がっているさまを、イカを干しているようと表現した方がいらっしゃいますが、よく開いた花を見かけることの少ない植物です。よく開いた花に加え、抜き取られ捨てられていた茎の花を分解した写真をご覧ください。
 菌根を作る菌が、ヒトヨタケ科と確認されたとのことで、種子から育てて花を咲かせたりできるようになってきているようです。

kara タシロラン1

 (下の画像をクリックすると新しいウインドウで大きな画像を表示します。不要になったときは右上「X」で閉じてください。)
何本か探しているうちによく開いた花が
見つかりました↓
萎んでまもない花の計測
柄まで入れて24mmです。
kara花1
kara花2
唇弁を子房の境界で切り開いて、
蕊柱を横から観察しました。
葯帽を外す。
花粉塊も付いてきた。
kara花3
kara花4
 蕊部を観察しました。右は、萎んだ花を背萼片を除いて、すべての萼片を外し、子房と蕊柱のみにしました。

 次からは、ほぼ成熟した蕾を分解します。下は、蕾の付いている花序の一部です。

kara花4
蕾の部分は、お辞儀をして蕾の先が
下を向いています
唇弁を半裁し、他の花被片を除き
蕊を観察しました。蕊は伸び切っていませ
kara蕾0
kara蕾1
伸びきっていない蕊柱から葯帽を外すと
予想外でしたが花粉塊が残りました。
花粉塊を上方向から観察しました。
kara花3
kara花4
kara
 萎んで間もない花と咲く寸前の蕾を観察しました。機会があれば、よく開いた花をゆっくり観察したいと考えています。

ご意見・ご感想を次のアドレスにお寄せください。
karamail

ページトップ観察・レポート : キタの部屋(K)  総合目次 : キタの部屋(1)
無料カウンター