観察・レポート : キタの部屋(K)  総合目次 : キタの部屋(1)

スギナ・ツクシ登録 : '16.03.30  
 ツクシはスギナの子と言われます。過去の写真から改めてスギナを観察した記録です。HPトピックス・ブログでアップしたURLは、下に纏めています。
kara
 ツクシは早い年は2月末からだ出します。3月半ばを過ぎると右のようにスギナも育ってきます。何と無く別の植物のように見えます。
 同じ根茎から出ていること確認しました。↓
karatukusi1
karatukusi2
kara
 熟したツクシは胞子嚢から胞子を風に乗せて飛ばします。一度、飛ばすと次に風が吹いてもあまり飛びません。
 風のない状態が、数十分続いて次に少し強い風が吹くと胞子が、たくさん飛び立ちます。成熟にある時間が必要なのか、それとも、同じ風に乗せると同じところに落ちて広範囲に散布できないので、それを避ける知恵か、面白い。胞子には、4本の弾糸(手足)があり、先端が、広がっています。(下)
karatukusi3
karahousi1
kara
kara
 飛んで行った乾燥状態の胞子が、落ちた場所の湿気によって湿ると4本の弾糸が、巻きつく。一瞬の動きです。
karahousi2
karahousi3
kara
 (上の2枚の動画・クリック) その動きは、下の通りです。
kara
karahousi4
 余録 スギナは、胞子で増えるだけでなく地下茎にムカゴを付けます。引き抜くとムカゴを地中に残してきます。
karamukago
kara

付録:トピックス・ブログにアップした記事一覧 (’16.03.31以前)
年月日アップ・サイト(クリック)年月日 アップ・サイト(クリック)
'15.07.09ブログ・ツクシ(スギナ)'11.03.19ブログ・ツクシ(スギナ)
'11.03.15HPトピックス・ツクシ(スギナ)'10.04.08ブログ・スギナ
'10.03.25ブログ・スギナ'08.04.24ブログ・ツクシ(スギナ)

観察・レポート : キタの部屋(K)  総合目次 : キタの部屋(1)
Mail
(メールアドレスは、お手数でも半角英字でキーインしてください。なお、HTML メールは、受信していません)
 カウンター