kara
ページトップ 舟弁を押下げる力 花の断面と根 簡易天秤観察・レポート : キタの部屋(K)  総合目次 : キタの部屋(1)

ゲンゲ (マメ科)登録:2016.05.16
1)レンゲ畑と蜜蜂
 私が、運動のために比較的よく出掛ける恩田川の流域に水田が少し残っています。殆ど田起こしが済んでいますが、レンゲが撒かれた水田が、まだ田起こされずに残っていました。ゲンゲの花に良くセイヨウミツバチが訪れます。
kara撮影:2016.04.13
karaゲンゲの田
karaゲンゲの花1
kara
karaゲンゲと蜂1
karaゲンゲと蜂2
 ゲンゲの花に来たセイヨウミツバチです。蜜のあるゲンゲを見つけると花にとまって、脚力で頭を花の奥に突っ込みます。
kara
 ミツバチの一頭を追うと、左から下のように蜜を吸い終わると次から次へと花を渡ります。(時刻 時:分:秒)
karaゲンゲと蜂2
karaゲンゲと蜂3
 上の様に蜂が、蜜を吸っている間にゲンゲは、花粉をミツバチのお腹の毛に預け、またほかの花から預かってきた花粉をとまった花の雌しべに付けたものと思います。
kara
2)舟弁の押下げ力
 旗弁と側弁や舟弁の間にどの程度の力が掛れば開くか?実験を試みました。
 使った道具は、セイヨウミツバチの体重を量った天秤と虫ピンです。虫ピンは、体重を量るときに計測して、1本=0.1gです。割り箸の先をミツバチの頭とほぼ同じように削り、天秤に吊るし反対側にほぼ同じものを吊るしてバランスをとり、花にわずかに触る程度に近づけます。一度開かせてしまうとあまり力を入れなくても開きますので、慎重に花に箸の先を触れさせる高さを合わせる必要がありました。2花の実験でほぼ同じ感じで開きましたが、力を変えるステップが、大きいことに加え、実験数が少ないので、誤差が、50%程度と思わなければいけないと思います。
karaゲンゲの花2
kara花にくさび
 虫ピンを一本づつ静かに割り箸の吊るしているところに加えていきます。0.1g,0.2gで花柄が少し曲がりが大きくなって行きます。
 3本目(0.3g)の時にわずかに舟弁が開いた。 4本目(0.4g)でしべが、完全に出ました。
kara加重0.3g
kara加重0.4g
kara
3)花の断面と根
karaゲンゲの花粉
 花の一部を削いで、花のつくりとしべを観察しました。雌しべは、雄しべに包まれるような構造です。花を横から観察しました。
 また、花粉も乾燥状態で花粉を観察しました。(右)
karaゲンゲの花3
karaゲンゲの花4
 一株頂いて来て根も観察しました。根瘤バクテリアの住処がたくさんついています。この粒が、窒素の生産工場だそうです。この根の部分をアップで観察したのが左です。さらに根瘤の断面も観察しました。
karaゲンゲ
karaゲンゲの根

kara
簡易天秤(おまけ)
 あるところで、セイヨウミツバチの重さを聞きかじりで、約0.1gと話しました。実測したことが無かったのでこの機会におよその重量を知りたいと思い、一人お供させました。問題は、測り方です。0.1g目盛のはかりを持っていますが、このはかりでは、0.1gは測ることは出来ません。この桁を測るためには、最低でも0.01g目盛のはかりが必要です。このレベルになると高価で、ミツバチの重量測定のために購入するのを躊躇しました。何とかならないかと考えたのは簡易天秤です。結果を報告します。ご笑覧下さい。
kara天秤

ご意見・ご感想を次のアドレスにお寄せください。
karamail

ページトップ 舟弁を押下げる力 花の断面と根 簡易天秤観察・レポート : キタの部屋(K)  総合目次 : キタの部屋(1)
無料カウンター